あなたの街のタイヤ屋さん タイヤガーデン彩都(株)北大阪タイヤ
タイヤあれこれ
サイドウォールの変形。これは危険?
「ピンチカット」は大変危険です。
すぐの交換をおすすめします。


もしサイドウォール上に一部分だけ泡のように盛り上がっているような変形を見つけたら、できる限り速やかにタイヤを交換して下さい。 そのまま走行を続けるとタイヤがバーストする危険性があります。
この変形は、タイヤが縁石に乗り上げた時などに起きるピンチカットなど、タイヤの使用中に引き起こされるものです。
「ピンチカット」とは? 縁石とホイールにサイドウォールが挟まれ、内部のコードが切れてしまっている状態です。


サイドウォールマーキングのあれこれ
サイドウォールマーキングの図
サイドウォールマーキングの説明


タイヤサイズの見方
タイヤサイズの見方


スリップサインって何?

知っていますか?
高速道路を走行するとき、以下の残溝が法令で最低必要です。

乗用車タイヤ=1.6mm ライトトラックタイヤ=2.4mm
これはあくまでも摩耗の法的な限度を示すものであって、排水性など安全性に関わる限界を表すものではありません。 このサインが現れているタイヤは絶対に使用しないで下さい。(道路交通法により使用は禁止されております。)
このサインが現れていなくても、タイヤに不都合を感じたらすぐチェックする事をおすすめします。


雨の日、安全に走行するには?
わたしたちは摩耗進行による性能劣化の危険性について良く知っています

タイヤの摩耗が進むと、特に雨の日の排水効果に大きな変化が見られるようになります。
新品のタイヤは排水性が高く、きちんと路面をとらえることができます。しかし、摩耗したタイヤでは、タイヤが道路から浮き上がる、いわゆるハイドロプレーニング現象が起こりやすくなり、とても危険です。
ドライブの前には、タイヤをしっかり確認するよう心がけましょう。
摩耗による排水効果の違い